患者さんは、なぜ先生の医院を選択されているのでしょうか

そこを分析すれば答えが見えてきます。
家・職場から近いから、看板を見て、家族が行っているから、知り合いに紹介されたから、ホームページを見たからなど患者さんの来院される動機は様々です。

ご提案するにあたり消費者調査を行いました。

アンケート結果を見る

これによりますと、

1.近い(自宅や職場・学校から)2.口コミ・評判

が最も多い傾向にありました。
参考:既存患者が通う理由 先生の人柄 医院の雰囲気(施設等がきれい) スタッフの接客態度

 

それでも患者さんが減るのはなぜでしょうか。ただ競合が増えたからでしょうか?実は何より大切なのは「集患の仕組み」があるかないかです。

 

実は、何より大切なのはこの「集患の仕組み」があるかないかなのです。

私どもフューチャーワークスは、25年間企業の販売促進活動をサポートしてきた
ノウハウを基に「患者分析」「集患の仕組み」「実践」といった一連の流れに沿って
歯科医院様の「かかりつけの販促屋」として『増患』のお手伝いをさせていただいています。

『増患特効プラン』のご提案

新規患者を集患するには『無料相談会』が決め手です!

先生ご自身とスタッフの方で開催する『無料相談会』により地域住民のデンタルIQを高め、定期的なケアを促進し安定した経営を目指して頂くための集患プランです。

成人の80%が歯周病と言われている今日、予防歯科の重要性が叫ばれています。しかしながら歯の健康維持について、高い意識をもって日々取り組んでいる人は決して多くないというのが現実です。

貴医院の周辺住民の方を対象とし『無料相談会』を開催することで地域住民自らが歯と健康を意識し、定期健診の必要性を感じていただくこと。それにより貴医院のファン化を推進し、集患に結びつけることを目的とします。

新規患者への働きかけの概要

  • 1.医院様のコンセプト(基本的考え)作成
  • 2.無料相談会プラン作成
  • 3.相談会告知プランの策定
  • 4.近隣の見込み患者様へのチラシ作成

医院様の実践フロー(当社が全面的にサポートします)

  • 現状分析とプラン作成:現状を分析し、オリジナルの「歯の健康相談&オープンセミナー」のプランを作成します。
  • 商圏エリアマップの作成:人口動態、学校、高齢者施設、競合などから
  • 無料相談会告知チラシの制作と告知活動:チラシの制作と折込エリア抽出、配布実施
  • 無料相談会実施:1回5名前後のミニセミナーを実施。定員オーバーになれば他日を設定。
  • セミナーの実施:結果をまとめて次回に活かしましょう。

セミナー支援実績

恵比寿西口デンタルクリニック様(東京都)

一度来院された患者さんを生涯顧客にする秘訣とは?

キャンセルによる損失が発生していませんか?
多くの医院では、キャンセル防止に適切な手が打たれておらず、患者さんの都合によるキャンセルに甘んじています。
しかしきちんとしたフォローをすれば、キャンセルはほとんど防げます。
既存患者さんをフォローしていますか?
どのビジネスでも既存顧客に再購入・再来店していただくことが何よりも大切です。歯科医院経営においても同じことです。
これも多くの医院では、患者さんの再来院をただ待っているのが現状です。しかしこちらから再来院を促す方法があるのです。
リコールはがき一本に頼っていませんか?
リコールハガキを利用されている歯科医院様も多いことと思います。
しかし、各患者さんに合わせたフォローではなく、手間・コストなどのためステレオタイプのリコールになっているのではないでしょうか。
また、リコールハガキはアナログなので効果測定もままならないのではないでしょうか。
患者さんのケータイやスマホを活用しませんか?
患者さんのフォローを電話でされている医院もありますが、患者さんにとって時間・場所等により迷惑な場合もあります。
各患者さんに合わせたタイムリーなリコールを、誰もがお持ちのケータイ(スマホ)に配信することで無理なく効果が倍増します。
キャンセル防止とリコールの決定版『ケータイ歯ロー!』をご提案いたします
定期検診の必要性を来院促進サービス『ケータイ歯ロー!』といったツールと集患ノウハウを活用してサポートいたします。
それにより再来院率を大きく向上し、集患・増患が確実に実現できます。

上記の考え方は単なる集患法やツール活用ではなく、「予防歯科」をベースにしております。
予防歯科の考え方は、啓蒙と同時に収益向上に大きく貢献します。

参照:ご存じのように予防先進国のスウェーデンは90%、アメリカ80%、日本は2%と言われている定期健診率。それに伴い80歳の残歯数はスウェーデン25本、アメリカ17本、日本はわずか8.8本です。しかも国民皆保険制度が確立されているとはいえ日本人の成人の80%は歯周病、これが現実です。
この矛盾を解決するには『予防歯科』の考え方を患者に対して発信する必要があります。

また、だからこそ『予防歯科』に取り組む医院の収益向上に大きく貢献するのです。

医院様の実践フロー(当社が全面的にサポートします)

  • 現状の課題洗い出しとプラン作成:キャンセル防止、定期リコール、緊急事態対応などのメール設定を行います。
  •  患者さまへの『ケータイ歯ロー!』周知用スタートキットのご提供:『ケータイ歯ロー!』をご利用になる前に、患者様に対してメールサービスを行う主旨などをサポートツールでご案内します。(院内ポスター、主旨リーフレットなどスタートキットを無料でご提供します)
  • 『ケータイ歯ロー!』の運用開始:メールの設定から文章作成まで完全サポートします。実際の運用はパソコンができない方でも簡単に操作ができます。
  • 顧客データ分析と今後の集患活動への反映:患者さんを生涯顧客化するために、1年に一度顧客データを分析し、今後の集患活動につながるご提案をいたします。

導入実績

予約管理、キャンセル対応に活用しています。

予約管理は毎日の業務なのでスタッフに負担をかけたくないですし、より効率的にできないかと思っていたところに、ケータイ歯ロー!を紹介されました。「体感してから考えてみてください!」と言われ、また専門のスタッフさんが丁寧に説明してくれたこともあり導入しました。

レセコンからケータイ歯ロー!にデータを移行して使っています。機能追加の要求にもすばやく対応してくれていい
感じです。何といっても見やすいインターフェイスとシステムがシンプルなところがいいですね。

アポイント管理で予約を登録するだけで予約確認メールが自動配信されるところも気に入っています。
キャンセルは間違いなく減っていますね。やはり結果が出なければだめですよね。

無断キャンセルがほとんど無くなり効果抜群!

3月の震災後の計画停電の絡みで、急な休診や診療時間変更が相次ぎました。患者さん一件ずつ連絡するのは大変な手間ですから、効率よく一斉に発信できる方法がないかと探していたところにケータイ歯ロー!を紹介されました。配信メールの文面の作成までサポートしてくれるので助かります。

また、一斉配信だけでなく、予約前日に患者さんごとに確認メールを配信する機能では、確実にキャンセルが減っていることを実感しています。予約の変更がある場合でも、このメールをきっかけにして患者さんからきちんと連絡をいただけるようになり、無断キャンセルは殆どなくなりました。

患者様にタイムリーな情報発信をしたかった。

患者さんへリコールハガキは行っていたものの、よりタイムリーに患者さんへメッセージを発信できないかと考えていました。そんな時にケータイ歯ロー!のチラシを目にし、「これは」と思ったので、すぐに連絡して話を聞きました。

継続的な来院をしてもらうためには、なんといっても患者さんへの情報発信が大切だと考えていますので、もう少し早くからやっておけばよかったと思いましたね。一日前の予約確認メールは患者さんからも好評で、キャンセルが殆どなくなりました。

費用対効果を考えてもこれからは携帯へのメールが効果的だと思います。
とても早く効果がでたので、私のブログでも紹介しました。